2009年04月23日

栃木県最初のLRT?

 こうタイトルをつけるが、もしかすると間違っているかもしれない。(事実関係を確認出来る方にご指摘いただけると幸いです。)
 今、県都宇都宮市にLRTを設置するについての是非が話題を呼んでいる。

 この西那須野の歴史を調べていたら、JR西那須野駅と塩原温泉口を結ぶ軽便鉄道が明治45年に完成、その後 路面電車に改修されて昭和11年まで運転されたと記録に残っている。LRT(軽量軌道交通)と路面電車は厳密には異なるが、この頃、西那須野地区では路面電車が一般道路を他の交通と一緒に走っていた。

 下のレトロな写真は、昭和7,8年頃、陸軍のサイドカー(オートバイ)と路面電車が交通事故を起こした時のものである。道路は勿論未舗装の砂利道であるが、2つの車両が併走していたことがわかる。
歴史的に県内の他地域に路面電車がなければ、これが最初のLRT?だったかもしれない。

路面電車の交通事故
  (写真は 那須野が原博物館 提供)

西那須野の情報ウェブ そすいネット
http://www.sosui.net/index.htm

posted by 住むなら西那須 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117961990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。