2006年05月09日

地産地消の「赤レンガ」

 明治になりようやく定住者が増えた西那須野には歴史的建造物が少ない。華族農場としてこの地に別邸を設けた元勲ゆかりの建物がいくつか残るだけである。
 下永田の大田原街道沿いに、当時の大山農場の事務所だった赤レンガ造りの建物が辛うじて残り、特異な外観を生かして、一時は喫茶店としても使われた。もう1軒、並んで赤レンガの建物が残っていたが、残念ながら「もみじ通り」の建設工事で取り壊された。
赤レンガ.jpg 
      (ありし日のもう一棟の赤レンガの建物)
 このレンガは明治36年頃、大山農場内で製造されたという。確かに下永田の地主の方から「うちの田圃の下からレンガのかけらがたくさん出土したよ。なんでもレンガの窯の跡だったらしい」という話を直接伺ったことがある。色は、大山別邸のものもそうであるが、いわゆるレンガ色に比べると少し「朱色」がかかっているように見えるが気のせいだろうか。本当に「赤」レンガである。この色は原料のせいか、焼成温度のせいかはわからない。原料の粘土は地元で調達されたという。いわゆる「地産地消」である。

 現在まちづくり活動の中で、ファサード(景観)整備のコンセプトをどうしようかという議論がある。西那須野についてはこの赤レンガでのイメージ統一も候補にあがるのではないだろうか。レンガ造りの建物といえば、小樽、横浜など有名なところがあり、新規性に欠けるようだが、この西那須野のかつて地元で製造されたレンガを景観整備の目玉にするのも一興であるまいか。


西那須野の情報ウェブ そすいネット
http://www.sosui.net/index.htm


posted by 住むなら西那須 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。