2007年04月12日

優駿の桜

 高柳の運動公園のグランドを囲む桜並木。本日が満開。

運動公園の桜

 ここはかつて、政治家河野一郎(現衆議院議長河野洋平氏の父)が経営する那須野牧場(当時は河野牧場と呼んでいたな)第二牧場だった。その頃、現在の南側の団地まで合わせた広い敷地に、白い馬柵で囲まれた競走馬の調教コースがあった。かつて那須野牧場からはナスノコトブキ(菊花賞)、ナスノカオリ(桜花賞)などのGT優勝馬が輩出した。これらの馬も若齣の頃この馬柵の中を走り抜けたのかもしれない。
 宮本輝原作緒方直人、斉藤由貴主演の映画「優駿」で、主人公「オラシオン」が桜吹雪の中を疾走するシーンが印象的であった。きっと同じような風景だったのであろう。
 今、那須塩原駅から上りの新幹線に乗ると、間もなくこの運動公園の桜が圧倒的な迫力で目に入ってくる。西那須野の桜の名所の一つである。
 明日は烏ヶ森公園で開墾記念祭。今年はちょうど桜の見頃である。

西那須野の情報ウェブ そすいネット
http://www.sosui.net/index.htm





posted by 住むなら西那須 at 16:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、西那須野の主要な桜の見処を巡ったのですが、
そうそう!!にしなすの運動公園の桜を忘れていた!!

確かに保健センターが出来る前、あの敷地で馬が放牧されて
いるのを見た記憶があります。そんな有名な牧場だったのか。
あれは牧場の当時からあった桜なのですか?
Posted by がり2 at 2007年04月12日 20:23
 健康センターの所には、井口の工業団地北側(競走馬のふるさと那須案内所)に引っ越す前の日本軽種馬協会那須種馬場があり、種牡場が繋留されていた。あすなろ教室の所には馬を運搬車に積み卸しするための土塁があった。
 井口のあさひヶ丘分譲地の前身は「あさひ牧場」でここからもコンチネンタルという重賞馬が生産されている。
 その昔、那須地域は軍馬の生産地として有名であったとか。今もその名残がある。
 競走馬のふるさと案内所は現在功労馬の「老人ホーム」として使われている。有名な馬もいて競馬ファンの隠れた穴場である。
Posted by 住むなら西那須 at 2007年04月13日 11:22
コメントありがとうございます。
>日本軽種馬協会那須種馬場
なるほど。那須野牧場とはまた別なのですね。
Posted by がり2 at 2007年04月15日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。