2007年09月06日

足元の道標

 一南から一本杉通りに出る道路の側溝の蓋に、道標のプレートが埋め込まれている。ここでは「一本松」と間違った表示になっているが「一本杉と稲荷神社」の方向を示している。

足元の道標

 西那須野と旧塩原地区の一部にまたがって「田園空間博物館」が設けられていることはほとんど知られていない。田園空間博物館 略して「デンクウ」屋根のない博物館。全国に56あるそうだ。「農村には、美しい景観や豊かな自然のほか、人々の営みによって長い間に培われてきた伝統や文化など、様々な魅力が存在しています。
これらの様々な魅力を博物館の展示物と見立て、農村地域を一つの「屋根のない博物館」として保全・活用しようという取組が「田園空間博物館」です。」と農林省のホームページには説明されている。
 西那須野の場合、旧西那須野役場庁舎が「時計台」として登録されているなど、必ずしも農村風景だけではないが、それでも「なるほど」とか「ちょっと珍しいな」という景観が数多く集められている。いくつかのポイントは及川新聞店発行の「風のたより」で既に紹介されている。しかし、先日の下野新聞記事に書いてあったように、十分認知され、活用されていないことも事実である。
 今後「西那須野ファンクラブ」ブログでも、折りに触れて紹介していきたいと思う。

西那須野の情報ウェブ そすいネット
http://www.sosui.net/index.htm


posted by 住むなら西那須 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。